不動産投資

不動産投資でとるべき行動

 投資用不動産を購入しようと一度決めると、誰でもつい気持ちがはやるのは仕方の無いことでしょう。広島 賃貸などで物件を選んでいると良い物件が揃っているので気をつけておきたいです。しかし、ここはじっくりと腰を据えて情報収集を行うことが先決です。FXをするのにFX比較するのと同じです。とはいえ、どのような情報をどういった方法で集めれば良いのか分からないですよね。そこで、不動産投資でとるべき行動が何なのかを、ご紹介したいと思います。

■不動産投資に関する行動

 まずは、これから始めようとしている不動産投資に関する基本情報集めが、重要となります。情報収集の方法としては、今ならば不動産投資関連の書籍が最適ではないでしょうか。セールスサイドの書いたもの、プロの書いたもの、サラリーマンの体験談など多種多様な不動産投資の情報を手軽に集めることができます。ある程度大きい本屋へ行けば、不動産投資関連の書籍が10冊〜20冊程度は置いていると思います。その中から、タイトル・目次・著者のプロフィールや内容を参考に、5冊程度購入してみてください。実際に読んでみると、それぞれ違った観点から書かれているため、ご自身の不動産投資の目的に適うもの、プロの知恵や体験談としての成功例・失敗例など貴重な情報源がつまっていることに気づくでしょう。特に失敗例に関していえば、不動産投資にもデメリット(リスク)があるということを学ぶいい機会です。また、最近はインターネットの個人のホームページで、不動産投資に関する自らの体験談を公開している方が増えてきていますので、こちらも合わせて参考にすればとても役立ちます。

■収益不動産物件に関する行動

 当然のことながら、物件に関する情報も必要不可欠です。情報源としては、新聞広告、折り込みチラシ、住宅情報誌、インターネットの「住宅検索サイト」など様々あります。特に、最近のインターネットの「住宅検索サイト」はとても充実しているので、不動産投資初心者にはおススメの情報収集方法です。もちろん、実際に不動産業者と会って話をすることも必要ですし、もし、普段から仲良くしている不動産業者がいる場合は、思わぬ掘り出し物を紹介してくれる可能性だってあります。ご自身の考えている希望エリア、物件のタイプ、価格などの情報を可能な限り集めるようにしましょう。そして、パンフレットやチラシ・インターネットなどの資料・情報の内容をご自身の目で確かめてみることがとても大切なので、現場に行って現物を確認するようにしてください。「百聞は一見に如かず」なので、聞いたことと実際のご自身の目で見たものは確実に違うはずです。現物を見ることで、なぜ価格が高いのか、なぜ人気があるのかなどの理由も実感できるでしょう。いろいろな物件を見ることで、自然と目が肥えてきますので、良い経験にもなります。

■情報収集が必要な訳

 不動産投資は、数々のメリットがあり魅力的に感じるかも知れません。しかしあくまでも投資ですから、当然デメリット(リスク)も存在します。例えば、入居者がいなくて家賃が入らない、すぐに現金化できない、不動産の値下がりなど挙げられます。不動産投資は、失敗すればあなたやご家族の人生を大きく左右することにもなりかねません。ですから、不動産投資に関する専門家の知識・知恵を吸収したり、体験談の成功例・失敗例に学んだり、購入予定物件の精査をするといった事前の情報収集はとても必要なことなのです。決して本を読むことや、現場に行って現物を見るという作業を怠らないでください。十分な知識を持って、不動産投資に取り組むことをおススメします。

2017/8/3 更新

Copyright (C) 2008 不動産投資の「INVEST」. All Rights Reserved.